過去の事例をもとに遺品整理・生前整理に必要な費用・価格などの料金相場を把握することができる過去実績をご紹介します。

プロが教える!遺品整理・生前整理のお役立ち情報 遺品整理の知っとコラム Column

名古屋のしわけ侍では、不用品回収処分や買取り、建物の解体や不動産売却・買取り、遺産相続や相続税の相談、空き家の管理や家のリフォーム、福祉住環境整理など、遺品整理以外のご要望にも当社で一括対応することが可能です。

遺品整理・生前整理をするなら知っておきたい大切なポイントをお知らせします 遺品整理・生前整理のお役立ち情報

こんな業者には注意!

相続の知識がない業者

遺品=相続財産です。遺品整理をするということは相続財産を整理するということになります。そのため、相続の専門知識のない人が遺品整理をすることで思わぬトラブルを引き起こしたり、トラブルに巻き込まれたりすることがあります。
例えば、「相続放棄をした人が遺品整理をしたことで相続放棄の無効を主張される」、「善意で遺品整理をしたにもかかわらず損害賠償請求をされる」、「他の相続人の承諾を得ることなく遺品整理をしたことで骨肉の争いに発展する」等、様々なトラブルが予想されます。

これらは、全て相続の専門知識のない人が遺品整理を行った結果です。しかし、相続の専門知識さえあれば無用なトラブルを未然に防止することができます。ですから、安心して遺品整理をする上では、相続の専門知識の有無が極めて重要となります。
業者においても同様です。ここで注意していただきたいのが、遺品整理会社=相続の専門知識がある会社ではないということです。また、弊社にも在籍しておりますが、遺品整理士は相続の専門家ではありません。「遺品整理会社だから」、「遺品整理士がいるから」、とそれだけで安心して任せられる業者と判断するのは危険です。思わぬ落とし穴に落ちぬよう、相続の専門知識がある業者かどうかを必ず確認する必要があります。もし業者選びの選択肢の中に相続の専門知識がない業者があるなら、その業者は避けるべきでしょう。

遺品や所有物をゴミのように扱う

遺品整理をする際の遺品や生前整理をする際の所有物は、ご本人の色々な想いが詰まった大切な物です。悲しいことですが、それをまるでゴミのように扱う業者が存在します。そのような業者は、遺品整理・生前整理業者ではなく、ただの不用品回収業者です。少なくとも弊社はそう思っております。

遺品整理・生前整理を専門としている会社であれば、ご本人やご遺族の心に寄り添い、遺品や所有物を丁寧に扱いながら片付けをします。しかし、残念なことにそれができていない業者も遺品整理・生前整理業者の看板を掲げているのが実情です。
まずいらっしゃらないとは思いますが、「自分の」「お父様の」「お母様の」「兄弟姉妹の」大切にしていた物をゴミのように扱われてもいいという人は別ですが、そうでない人は「どのように遺品や所有物を扱い遺品整理や生前整理をするのか」ということを、契約前にしっかりと確認するべきでしょう。それを怠ったことで、作業当日に思わぬ不快を感じたり、悲しむことになりかねませんので注意が必要です。

不法投棄

遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷の片付け等で避けて通れないのが不用品の問題です。大切にしていた物であっても、「不用品として処分する」と判断をされる方が多いからです。もちろん、不用品として処分する=廃棄物として処分しなければなりません。
ご本人やご遺族の方等が、各自治体で定期的に回収している可燃ごみや不燃ごみの日に処分する場合は費用はかかりませんが、粗大ごみとして処分する場合や業者に依頼して処分する場合は費用がかかります。

特に業者に依頼する場合は、個別での依頼であることから他と比べて高額となります。ただ、業者に依頼した場合、廃棄物処分費についてはどの業者もさほど変わりません。しかし、異常に安い業者が存在します。ご依頼者の立場からすれば「安くてお得」となりがちですが、そういった業者には注意が必要です。なぜなら、不法投棄をしている可能性があるからです。

廃棄物はその種類によって処分方法が定められていますが、不法投棄をしている業者は定められた方法で廃棄物の処分をしていません。
一例ですが、不法投棄をする業者は山間部等の安価で借りることができる土地を借り、その土地に廃棄物を捨てます。その土地が廃棄物で一杯になると、違う土地を借りて同様のことを繰り返します。何か問題が発生すれば夜逃げ同然に行方をくらませます。このような手口で不法投棄を繰り返し、お客様に提示する廃棄物処分費を異常に安くすることができるのです。

人によっては、「不法投棄をしているのは業者だから、不法投棄が判明したら責任を負うのは業者。安いに越したことはない」と思うかもしれません。しかし、それは安易な考えと言わざるを得ません。不法投棄が判明した場合、「誰が」依頼をし、その廃棄物が「どこから」発生したのかも問題となります。その結果、最悪のケースでは業者だけでなく、ご依頼者も責任を負わされる場合があるからです。
そのような事態が起こらぬよう、不法投棄の疑いがある業者は絶対に避けるべきであり、その疑いがあるような廃棄物処分費が異常に安い業者には注意が必要です。

金品の横領

「そんなことをするわけがない」という声が聞こえてきそうですが、悲しいことに金品を横領する会社が存在し、警察沙汰の事件になったりもしています。実際に、他社にご依頼をされた方から「金品を横領されたので警察に通報した」というお話を伺ったこともあります。
これは優良な業者選びをする上で最も難しい点かもしれません。上記の3点については、お客様ご自身が契約前や作業前に確認をすることができる点である反面、金品を横領する業者か否かは遺品整理や生前整理等の作業完了後に判明することが多いからです。
また、作業時間が半日以上かかることも多く、片付ける部屋が複数であることも多い等、お客様が立ち会いをして監視をしたとしても、全ての作業及び作業スタッフを監視することは困難です。
そのため、お客様と業者の信頼関係が必要不可欠となります。そのようなことから、本当に信頼できる業者か否かを慎重に判断する必要があります。

ご自宅への訪問やご自宅のお近くまで無料で出張します!無料見積もりのお申し込み・お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

プロが教える!お役立ち情報遺品整理の知っとコラム

遺品整理・生前整理をするなら知っておきたいお役立ち情報を公開します。しわけ侍では、法律の専門家である行政書士や遺品整理のプロである遺品整理士の資格を取得したスタッフが実際に現場で作業を行うので安心です。

知っとコラム一覧を見る

しわけ侍が現場まで無料で出張いたします!まずはお気軽にご相談ください。

ページトップへ