遺品整理会社しわけ侍が、遺産相続のトラブルや事件、遺言や相続税の問題や注意点など遺品整理・生前整理に関連する最新ニュースをお届けします。

最新情報をお届けします お知らせ News

名古屋のしわけ侍では、不用品回収処分や買取り、建物の解体や不動産売却・買取り、遺産相続や相続税の相談、空き家の管理や家のリフォーム、福祉住環境整理など、遺品整理以外のご要望にも当社で一括対応することが可能です。

遺品整理・生前整理の最新情報 新着情報一覧

2017年05月17日

遺品整理 名古屋|遺品整理・不用品回収処分の見積について しわけ侍

遺品整理、生前整理、不用品回収処分、福祉住環境整理等、お家の片付けを専門としている名古屋しわけ侍では、多くのお客様より見積依頼をいただいております。

遺品整理、生前整理、不用品回収処分、福祉住環境整理をお客様自身が行うのではなく、専門業者に依頼する場合は、この見積が重要となってきます。

見積をしっかりとすることで、遺品や不用品を処分するためには必要な料金の詳細を把握することができます。

遺品整理、生前整理、不用品回収処分をするために業者に支払う作業費がいくらかかるのか、廃棄物の処分費がいくらかかる等、料金の詳細を把握することで料金を安くする方法が見えてきます。

まず、ここで言えるのは、見積料金が全てではないということです。

もちろん、見積してもらった状態から何も変化がなければ見積料金のままとなってしまします。

しかし、ちょっとした努力や業者と相談をするだけで料金を安くできる場合があります。

それは、後半で説明します。

 

専門業者に依頼をするときにこんな不安ありませんか?

 

遺品整理、生前整理、不用品回収処分、福祉住環境整理を専門業者に依頼した経験がないため、料金がどの程度かかるのか見当がつかない。凄く高額になるのではないのか。

 

このようなお客様が大変多くいらっしゃいます。

むしろ、依頼されるお客様のほとんどと言っても過言ではありません。

でも、そう思うのは当然のことだと思います。

なぜなら、遺品整理、生前整理、不用品回収処分、福祉住環境整理というのは長い人生の中で数多く経験するものではないからです。

また、それを専門業者に依頼するということとなると更に数は減少します。

実際、弊社にご依頼をいただく大半のお客様が専門業者に依頼するのは初めてとおっしゃいます。

そんな経験がないものの料金がいくらかかるのかなんてわかるはずがありません。

結果、予算を組むことができなくなります。

でも、予算は決まっていると思います。

予算内に収まるか否か、それを知るためのものが見積です。

ですから、見積というのは業者のためのものではなく、お客様のためのものです。

 

専門業者がやらなければいけないこと。

 

予算が決まっているのに、値段のわからない物を購入するって凄く勇気がいりますよね?

例えば、お寿司屋さんで時価となっている場合とか。

少なくとも私はそうです。予算1万円で大丈夫かなと内心ビクビクしています。

遺品整理、生前整理、不用品回収処分、福祉住環境整理の料金は、これに似ているのではないでしょうか?

「いくらかかるかわからない。でも、自分ではできないから専門業者にお願いしよう。」という判断をしたのだと思います。

だからこそ、専門業者は、「お客様は勇気を出して連絡してくれたのだ」とお客様の勇気や思いを汲み取らなければいけません。

50万円までなら専門業者にお願いしようという方、20万円までなら専門業者にお願いしようという方、お客様にとって予算は異なります。

しかし、悲しいですが、だからと言って30万円かかってしまうというものを20万円にすることもできません。

そこで専門業者は、そのままでは30万円かかってしまうが、どうしたら20万円にすることができるのか、20万円に近づけることができるのか、という料金を予算内にするための方法の提案等をするべきです。

 

何をすれば見積料金より安くできる?

 

一番簡単な方法は、見積担当者に作業の詳細を聞き、相談をすることです。

遺品整理、生前整理、不用品回収処分、福祉住環境整理の作業現場では、作業人員の人件費が発生します。この人件費も見積に含まれております。6名なら6名分の人件費、4名なら4名の人件費という具合に。

例えば、お客様が作業を一緒に行うというのであれば、専門業者の作業員が6名のところは5名に、4名のところは3名にと、一人分の人件費が不要となりますので、料金もお安くなります。

ただ、通常はお客様が一緒に行うことを想定していませんので、お客様の方から相談していただく必要があります。

一つの例ですが、見積担当者に相談することで料金を安くするということも可能です。

次に、これはお客様に努力していただくことになりますが、物理的に不用品として処分していただく廃棄物の量を減らしていただくことです。

遺品整理、生前整理、不用品回収処分、福祉住環境整理の現場ではお客様お一人でも処分することが可能な不用品も含まれております。

例えば、衣類、食料品、食器、書籍等、各自治体の指定回収袋に詰め込み、地域の回収日に可燃ごみや不燃ごみとして回収処分してもらうことで、物理的に廃棄物の量を減少させることができます。

廃棄物の量が減少することで、料金を安くすることができます。

自分でできる物は自分で回収処分をし、大きな家電や家具等、できない物を業者にお願いをするという方法であれば料金を安くできます。

この他にも見積料金から安くする方法はありますが、各専門業者によって方針がことなるため、見積担当者にご相談していただくことをオススメします。

 

 

遺品整理、生前整理、不用品回収処分、遺品や不用品の買取り、福祉住環境整理、建物(家屋)解体工事、不動産売却・買取り、孤独死の片付け、ゴミ屋敷の片付け等、お家の片付けでお困りでしたら、名古屋しわけ侍にお気軽にご相談ください。

ご自宅への訪問やご自宅のお近くまで無料で出張します!無料見積もりのお申し込み・お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

プロが教える!お役立ち情報遺品整理の知っとコラム

遺品整理・生前整理をするなら知っておきたいお役立ち情報を公開します。しわけ侍では、法律の専門家である行政書士や遺品整理のプロである遺品整理士の資格を取得したスタッフが実際に現場で作業を行うので安心です。

知っとコラム一覧を見る

しわけ侍が現場まで無料で出張いたします!まずはお気軽にご相談ください。

ページトップへ